長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

木崎湖、野尻湖、千曲川…最近流行りのSUPを信州の色んなとこで体験したから、そのまとめ

<スポンサードリンク>
s_image3(3)

最近流行ってますよね、SUP(サップ)

スタンダップパドルボード、略してSUP。通常のサーフボードよりも大きなボードの上に立ち、パドルを漕ぎながら水の上を散歩するというマリンスポーツです。発祥は1960年代のハワイらしく、サーフボードを使って何かできないかと考えた人が、遊び感覚で始めたのだそう。

長野には海がないので、様々な湖や川でSUP体験が企画されています。いかにも夏っぽい遊びですが、いちおうウェットスーツを着れば冬でも遊べるので、オールシーズンアクティビティなのです。


まるで一寸法師のように水面をスイスイ進んでいくSUP。ボクはこの夏初めて体験したのですが、意外と簡単だということと、水面に立つというミステリアスな優雅さが気に入ってしまい、既に3回もチャレンジしてしまいました。まだまだ初心者ですが、体験してわかったことや気付いたことなどを書き留めておこうと思います。これからSUPをやってみようという人の参考になれば。

木崎湖(POWPOW)

s_163A0214

ボクが初めてSUPを体験したのは、木崎湖。
POWWOW(ぱうわう)というキャンプ場でした。

木崎湖は大町市にある、仁科三湖のうちのひとつ。最も南側に位置する湖です。ほかの二つ、青木湖や中綱湖に比べてもっともアクティビティが盛んな湖で、夏になるとカヌーカヤックやウィンドサーフィン、冬はワカサギ釣りなどが行なわれています。

s_RIMG3142

ここは、2時間30分で5200円。基本的な道具は全部貸してくれます。

準備運動に始まって陸地で基本操作を学んだ後、まずは座った状態で湖面へ。ガイドの方が風の強さなどを見極めてくれて、よきところで板の上に立つ。そんな段取りで始まっていくのですが……。

ココの良いところは、木崎湖の自然を案内してくれたこと。

この辺は魚がいますよ、貝がいますよ、蓮の花が咲いててきれいですよ、この沢は山から流れてきたばかりなのですごく水が冷たいですよ、、などなど。2時間半の中で、木崎湖の良いポイントを紹介してくれるんです。思えば、SUP体験というより、SUPを使った木崎湖散歩を楽しんだ感じ。当然、湖面を散歩なんて普通はできることじゃないので、非日常感を味わえてよかったです。

木崎湖POW WOW キャンプ場&アウトドアクラブ



野尻湖(サンデープラニング)

s_163A0719

※野尻湖はSUPをやってる写真がないです、スイマセン。

野尻湖で参加したのは、朝SUPというもの。朝日を見ながらSUPをしようという体験で、なんと朝5時集合。企画しているサンデープラニングは、LAMPというゲストハウスも運営しているので、宿泊客が参加したりするとちょうどいいのかもしれません。ちなみに、1時間30分朝食付きで5500円

ちなみにボクは、朝4時に家を出て野尻湖まで車で向かいました。しかも参加者は一人でした。


参加者一人という結構アレな状況の中、ガイドの方とマンツーマンで朝日に向かって出発。ボクがボクではなくて、若い女性だったりすると良いムードになったりするんでしょうけど、おじさんとおじさんが朝からSUPをやってる姿はなかなか異様だったかもしれません。当人は、全然いいんだけど。

(そんな状況だったというのも影響してるかもしれないですが)ココはとにかくSUPの技術をひたすら教え込んでくれたような印象があります。もちろん朝日は綺麗だったし、早朝の湖は気持ちよかったのですが、速やかにターンする方法とか、繊細なパドルの操作方法とか、そういうのをしっかり教えてくれました。だから、上達した気がする。

SUP|サンデープラニングアウトドアスクール



千曲川(nozawa green field)

s_image1

今度は川です、川。千曲川。

湖と違ってぐるっと一周するわけではなく、川下りのような形になるので、集合場所からガイドさんの車に乗って7.5kmほど上流の地点まで向かいました。

穏やかな千曲川の中でも、特に流れが急でない区間がコースになっているので、SUPでもそこまで難しくはなかったです。ガイドの方が言っていたけれど、より安定感のある超初心者向けのボードを使っているようでした。

s_image2(2)

川なので基本は流れもありますし、とりあえず立つことさえできれば、嫌でも勝手に進んでいってくれます。湖でのSUPに慣れていたので、自然とスピードが出る感じが不思議でした。

料金は、2時間30分で7000円。でも時間はおおよその目安で、基本的にはゴールまでたどり着いた時間で終了となります。ゴール地点には日帰り温泉施設があるので、最後お風呂に入れるのがよかったですね。

s_image2(4)

ココでは、2人乗りも可能なボードを使っていたらしく。途中で、2人乗りに挑戦させられました。写真だと伝わりづらいかもしれないですが、これが超絶不安定で怖かったです。SUPに乗ってヨガをする人たちもいるらしいですし、SUPにはいろんな遊び方があるんですね。

ちなみにここのガイドさんは、SUPボードの製作にも関わっているらしく「PEAKS 5」というブランドでボードを世に送り出しています。ちょっと欲しくなったけど、値段を見たら高額すぎたので諦めました。まだレンタルで十分。

奥信濃 SUP ツアー "nozawa green field"



ボクは体幹ぐちゃぐちゃですし、絶望的な運動神経の持ち主です。そんな人間でもSUPって簡単にやれましたし、もちろん失敗して水の中にジャボンジャボン落ちたりするんですけど、それはそれで気持ち良いし楽しい。超インドア人間でも、SUPはやんわり楽しめるアウトドアだということがよくわかりました。

自然豊かな信州、山や川で遊ぶのもいいね。