読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善光寺門前町の裏通りにある不思議な隠れ家カフェ「大福屋」では、牛乳うどんが食べられる

北信 長野市
<スポンサードリンク>
s_IMG_20170102_130026

善光寺の近く。めちゃくちゃ裏通りにあって、隠れ家感のある店に行ってきました。

店の名前は、大福屋。ちょっと古風な感じですが元々は下宿所として使われていた建物のようです。古民家をリノベーションした店ってたくさんありますが、ここは特に建物の不思議感が強くて、足を踏み入れてるだけで“迷い込み感覚”を味わってしまいました。ノスタルジィじゃないんですよね、なぜか。

s_IMG_20170102_132715_1
場所は長野市岩石町

店は、西宮神社の南側、武井神社の北側に位置する細い通りにあります。たぶん一発では行けないと思うので、迷うことを楽しみながらアクセスしましょう。あの辺の裏通りも歩いていると楽しいんですよね。

s_IMG_20170102_132655_1
これ大福屋、下宿感めっちゃあります

s_IMG_20170102_125233_1
自転車が目印ですね

s_IMG_20170102_125304
玄関を入ると誰もいません

店の入り口。戸をくぐって中に入っても誰もいません。奥には本棚が並んでいて、古本が置いてあります。なんでしょうね、いきなり不思議感覚です。人がいない店。住み開き?…的な?


実はこれは大福屋の中の「古本部」というブロックだそうで。

s_IMG_20170102_125334
大福屋のフロアマップ?

店は主に古本部、喫茶部という二つの部で構成されているようです。ただ、公式のツイッターを見ると、さらに牛乳部、音楽部、下宿部という部もあるみたいで、なんだか一般的なカフェで見受けられるシステムじゃないので少し戸惑います。

よくわからん人は、喫茶部を目指しましょう。要するにカフェです。

s_IMG_20170102_132607_1
建物の中に石垣があったよ

s_IMG_20170102_125426
レトロな階段

s_IMG_20170102_130039_1
レトロな階段

s_IMG_20170102_125812
レトロな階段


ちなみに古本部を少し覗いてみると。


s_IMG_20170102_125915_1
誰かの家みたい

s_IMG_20170102_130014
静かでした

s_IMG_20170102_125957
意外とドカベンとかあります


で、大福屋の(おそらく)メインと思われる喫茶部へ。

めちゃくちゃ隠れ家みたいな店なのですが、すでにお客さんは1組いて、よくよく調べると長野市内のグルメブロガーさんの間ではすでに有名なニューオープンの店となっているようでした。ひたすらグルメな情報を発信してるブロガーさんは、どうやって情報をキャッチしてるんでしょうね。すげえわ。

s_IMG_20170102_125705
喫茶部のスペース

店は女性が一人でやってるみたいで、メニューをみると紅茶や珈琲、オブセ牛乳などなど。でも「牛乳うどん」なるものがオススメとのことで、それをいただきました。(なに…!?牛乳うどんって…)


カレー出汁と、鶏ガラ出汁が選べたので鶏ガラの方を。

s_IMG_20170102_130826_1
牛乳うどん

s_IMG_20170102_131333_1
めっちゃ美味しいです

濃厚な牛乳がねっとり、という感じではなく、やさしいあっさり味でした。鶏ガラ出汁に牛乳をエッセンスとしてくわえてるというイメージでしょうか。不思議味を覚悟していましたが、とても美味しかったです。善光寺のまわりは蕎麦屋ばかりなので、うどんをいただける貴重なお店かも。


2016年12月にオープンしたばかりなので、たぶんこれからメニューも空間づくりも変わっていくと思います。楽しみですねー。

大福屋
長野市岩石町222-11