長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

環境回復工房という場所に入ってみた!草が枯れない空間らしい

<スポンサードリンク>
s_IMG_2287

松本市北深志を歩いていると不思議な家?というか工房を見かけたので入ってみました。その名も「環境回復工房」、いったい何をする工房なんだろうか?そもそも現時点でちゃんと稼働している工房なんだろうかと疑問だったのですが、不思議に思って見ているとドアが開いて招かれました。…そう、環境回復工房に足を踏み入れたのです!

s_IMG_2289
回りは普通の家が並びます

s_IMG_2284
外から見てもオモチャがいっぱいあるのがわかります

というわけで、環境回復工房と堅苦しい名前が付いていますが、このようにオモチャがたくさん。なんだか賑やかな場所が予感されます。趣味で集めたオモチャ置き場なんでしょうか。ちなみに、正式名称は「環境回復工房 えみな倶楽部」というようです。笑顔を「えみな」と読むのだとか…。まー、環境が回復すれば、笑顔になりますからね。

s_IMG_2288
無料でくれる傘

いつでも傘を貸してくれます。しかも返さなくても良いとのこと。どうやらここのオーナーさんが放射能汚染のことを気にして、子供達が雨に濡れているのは良く無いというのが、無料傘に対する考え方らしいのです。・・・そういう話を聞けば、環境を回復した方が良いという気持ちになります。

s_IMG_2283
いらっしゃいませ

さあ、環境回復工房の中へ!

s_IMG_2281
モノがぎっしりでした

s_IMG_2280
キッチンも機能してません・・・

生活感が無いというか、ありすぎるというか、なんと表現したら良いのでしょう?!ドラえもんやアラレちゃん、ハニーハントなどなど色んなキャラクターのグッズがたくさんあります。っていうか、ありすぎて、中が何だかわからなくなっています。
ちなみに、これは工房を開いた時に近所の子供達に「何があれば良い?」と尋ね、ドラえもんやドラミちゃんなどなどいろんな案が挙がったものを反映した結果だそうです。ちょっと集め過ぎでは・・・?

s_IMG_2278
奥の部屋へ

一応、1DKなんでしょうか。奧もどうぞと言われて奧の部屋にもお邪魔しました。ピンクの座椅子があって、こたつがあって、VAIOの箱や、あとはたくさんのモノがありました。どうやらここが環境回復工房のようです。

s_IMG_2277
この壁こそが環境回復工房!

話を聞けば、「土蔵の中のモノは腐ったりしないでしょ。特別なことをしているんじゃなくて、土蔵のように究めて自然の状態にしているんだよ」とのこと。有害薬品を含んだ壁紙を全部一度はがして、自然状態にしているとオーナーさんは仰ってました。さらに「だから、たぶん土蔵の1000倍くらいは状態が良いんじゃないかな…」とも付け加え、なんだかすごくスバラシイ場所だということがわかります。(詳細は不明だけど)

s_IMG_2276
その証拠がこの草

取り敢えず、超自然状態にしているので、草を置いておいても腐らないんだそうです。本来ならすぐに腐るそうですが、この草は青々としています。真偽のほどはよくわかりませんが、少なくとも自信を持ってオーナーさんがそう言うなら、きっとここにはすごいエネルギーが詰まっているんでしょう!

s_IMG_2272
ここは環境回復工房の中です

s_IMG_2273
ここも環境回復工房の中です

さらに今、ネット環境やウェブ関係の整理をしたいので、アルバイトを募集していると言ってました。残念ながら僕は仕事があるのでお受けできませんでしたが、もし興味があったり、単純にお金に困っている人は行ってみてはどうでしょうか。
あと、ゆくゆくはココを共同作業場にしたいのだとも言っていました。誰との共同作業なのかはまだよくわからないのですが、人と人が通い合うようなワークスペースとなるのでしょう。

s_IMG_2291
名刺でありお土産でもあるモノ

白い洗剤のような粉をもらいました。歯も磨けるし、メダカの餌にもなるそうです。メダカを飼っていないことを後悔しました。でも、さすがに変なものではないと思うので、説明書きにあるように消臭剤等で使ってみようと思います。化学汚染物質を分解してくれるのは有り難いです。
中がゴチャゴチャ過ぎるので、ちょっと何だか分からない場所にも思えますが、自然理念や未来の環境に対する熱い思いをお持ちの方だと思います。

えみな倶楽部 Club House|翼 emina-club.comさんのブログ

ご興味あれば是非工房に立ち寄るか、ブログ等で連絡をとってみてください!