長野ウラドオリ

信州のへんてこ情報ウェブ

松本なのに!?「らーめん札幌」という店に敢えて入ってみた!

<スポンサードリンク>
s_IMG_2148

松本市、中町通から一本反れたところに、「らーめん札幌」というお店があります。松本にあるのに、札幌という北海道の県庁所在地の名が付けられている部分など、かなり気になるお店。しかも中町通りと言えば、松本でもナワテ通り等と同じく有数の観光ストリートです。そんなところに札幌なんて名前が付いて流行るんでしょうか?!

s_IMG_2146
隣は蕎麦のお店「野麦」

野麦というお店には行ったことがないので、ハッキリしたことはわかりませんが、恐らく野麦峠の野麦から屋号をとっているのでしょう。日曜日のお昼ということもあってか、野麦は行列ができるほどの人気ぶり。でも札幌の方はそういう気配がありません。まぁ、観光客なら普通は野麦を選びますよね。わざわざ松本に来てラーメン食わなくても良いかっていう・・・。

s_IMG_2149
すぐ近くには松本ラーメンもありますし…

ということで、誰も行かないなら行ってみよう!と思い「らーめん札幌」に入ってみることにしました。

s_IMG_2144
メニューがありました

醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、担々麺、チャーシュー麺・・・・・。なるほど!超、普通のラーメン屋さんだと思われます。

s_IMG_1885
カウンターがありました

店に入ると、中はカウンターに7席ほど。6人くらいが座れそうな座敷もあったと思います。誰もいないのかなと思っていましたが、中には常連客だと思われる夫婦が2人いました。やがて、近くに住んでいるのだと思われる家族連れも来ました。店のサイズを考えれば、僕も含めてそれなりにお客さんが入っている状態です。

店員さんは店長っぽい女性が1人と、それを手伝う友達のような女性が1人。カウンターということもあり、キッチンが丸見えなのですが、ジャカジャカジャカジャカ、調理してくれます。

s_IMG_1886
塩ラーメン

何がオススメですか?と聞くと、「うーん…、塩ラーメンかな」とのことだったので、そのまま塩ラーメンを注文。札幌ラーメンをwikipediaを見ると、
豚骨などを煮出したスープに札幌の気候に合わせラーメンが冷めるのを防ぐためにラードなどを浮かべる場合が多い。脂っこいのが特徴といえよう。
とあるので、いわゆる札幌のご当地ラーメンとは関係無いようです。あまりに不思議だったので、札幌という屋号について聞いてみると「昔、父親が店を出す時にインスタントのサッポロ一番っていうラーメンが流行ってたんで、なんとなくそこから付けたんです。北海道に思い入れがあるとかそういうことでは、一切ないです」とのこと。う~ん、関係無いなら信州っぽい名前にすれば良かったのになぁ…と思うのですが、当時はそれ以上にインスタント麺の影響力が大きかったんでしょうね。

あっさり塩ラーメンだったので、味に強烈パンチがあるわけではないのですが、シンプルで美味しかったです。夜は息子さんが店に立っていたりするそうで、お客さんによっては「夜は味が違う!」と言う人もいるんだとか(聞こえて来た常連さんの会話より)。
醤油や味噌も試してみたくなりました。もし良ければ是非!