読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋山郷の職人工房、秋山木工生産組合はすんごい家具がたくさん!

北信 栄村
<スポンサードリンク>
s_IMG_2819

秋山郷は山奥にあることもあって木工業が盛んです。ここは秋山木工というところで、家具をはじめとする工芸品などが販売されています。1階が主にお土産物屋さん、2階が家具の展示場、3階は食事ができるようになっていて見入ってしまうと長居してしまいますね。

ちなみにこの記事はライブドアブログ奨学生のコラボ企画「信州(の被災地、栄村)に行ってブログを書こう!」に基づいて作成しています。詳細は下記バナーをクリックしてください。

kikaku03

そんな秋山木工は、日本有数の木工所のようで工場直営販売。全国各地に発送している実績があって値段もそれなりに高いものばかり。

s_IMG_2818
1階の売り場

1階には秋山郷や栄村の郷土品などが販売されていました。ただ、そんな中にも立派なテーブルが!

s_IMG_2816
こちら120万円!

栃ノ木を使った木のテーブル。表面が異様にキレイで、木なのに鏡のようです。やっぱりこういうものは120万円もするんですね。スゴイ…。

s_IMG_2821
2階にはもっとたくさんのテーブルが!

120万円が一番高いのだろうか…と、正直値段のことばかり気にして見ていたのですが、さすがです!ありました。秋山木工の作品は侮れません。

s_IMG_2823
こちらです!


太い太い栃の木を使ったテーブル。割と自然のままの木の雰囲気が残っていてその雄大さがわかります。

s_IMG_2822
こんな感じ

家にこんなテーブルがあるというイメージができないのですが、大きな料亭なんかで玄関にあったりすると立派だな!と思うんでしょうね。さて、お値段は…?

s_IMG_2825
280万円でした

店の人に聞くと、少し前までは社長さんなんかが買って行ってよく売れていたんだそうです。ただ不景気なのか、最近はなかなか大きなものは売れにくくなっているんだとか。ただ、自分の家のサイズを考えて、一生使う家具なんだと奮発してウン十万円くらいのテーブルを買ってみても良いですよね。

もしココで買ったなら、いつも家でテーブルを使うときに「あぁ栄村の秋山郷からコイツは来たんだな」と思うことができるので、ちょっとした想い出付加価値が付くかもしれません。興味を持つだけでも良いと思います。一度覗いてみてください。